おうちでリゾート

タヒチ、モルディブ、バリ・・・
海外のリゾートへ行きたい人  リゾートから帰ってきた人
おうちでリゾート気分になれたら・・・と思ったことありませんか?
海外旅行に行けるのは1週間ほど。でも、あとの358日もリゾート気分で過ごしたい!
このブログでは、おうちでリゾート気分になれるグッズを紹介します。

タヒチは成田から
エア・タヒチ・ヌイで約11時間。
南太平洋にある島です。
いくつか島がありますが、
私が好きなのは「ボラボラ島」です。
本島の「タヒチ島」からは
プロペラ機で約50分。
新婚旅行などで大人気です。
BoraBora
真ん中に見える島の回りは
このような美しいラグーンに
囲まれています。

超ラグジュアリーなホテルが
いくつもありますが
私が好きなのは
インターコンチネンタル・モアナ・リゾート
Tahiti
最近はモツ(離島)にホテルが、
いくつかできていますが
このモアナ・リゾートが
一番フォトジェニックなんです。
コテージの形もかわいいし、
ビーチとヤシの木が
絵葉書のようです。

では動画の内容を説明しましょう。
クルーズ
島を取り巻くラグーンには、
モツ(離島)がいくつもあります。
上の写真のラグーンは
水深が腰くらいなので
歩いてモツまで行くこともできます。
この日はボートをチャーターして
ラグーンを一周してみました。
ラグーン
ボラボラ島のラグーンは
水深によって
いろんな色に変わります。
写真の右側が深く(約5メートル)
左側は浅い(約1メートル)です。
サメとエイ
サメとエイの餌付けです。
サメは2メートルくらい。
黒く見えるのがエイです。
ボートからおりれば
触ることもできます!
餌付けされているので安全ですが
最初は怖かったです・・・
テーブル
水上コテージの部屋には
ガラスのテーブルがあって
コテージの下の海が
見えるようになっています。
テーブルのガラス板はスライドさせて
隙間から魚に餌をやれます。
テラス
ここに座って海を見ているだけで
幸せな気分になります!!
テラス食事
お腹がすいたので
ビーフサンドイッチと
サラダを頼みました。
海を見ながらの食事は最高!!!
モアナビーチ
モアナ・リゾートのビーチです。
よくポスターや絵葉書に
使われています。
ボラボラ島のビーチでは
一番絵になると私は思います。
タラソ
モツにはいくつかホテルがあって
これはインターコンチのタラソスパ。
島の真ん中にあるオテマヌ山を
一望できます。
島一周
ボラボラ島には、島の回りに
ぐるっと一周できる道があるので
(30kmくらい)
バイクに乗って回ってみました。
お店
道沿いには、
Tシャツやパレオを売るお店が
ところどころにあります。
バイクを降りて、
ゆっくりショッピングをするのも
楽しいですよ。
バイタペ
ボラボラ島の中心は
ヴァイタペという村です。
スーパーやお土産屋、カフェなどが
集まっています。
マティラ岬
マティラ岬のビーチは
極上の美しさ!!
パブリックビーチなので
地元の人たちも泳ぎに来ます。
夕焼け
夕方になると、ほら!
きれいでしょう!!
ボラボラの中でも最高のポイント。
夕方は、このビーチに来て
まったりするのが私は大好きです。
夕焼けを見ながら
ビーチで飲むのがこれ。
hinano
ヒナノビールです!
タヒチの国産のビールで
ホテルのバーやレストランで
よく見かけます。
ラグーンリゾートでも販売してます。
こちらのサイトへどうぞ。
ヒナノビールがない時も
ヒナノグラスがあれば
キリンビールでも雰囲気は出る?
ヒナノグラスはこちらへ
hinanoglass
おうちでタヒチ気分しませんか?

お風呂に入るとき
タヒチの石鹸に変えてみませんか?
tiaresoaps
石鹸を変えるだけで
お風呂の中にタヒチの香りが広がって
すごくいい気分になりますよ!
香りは3種類
イランイラン・ティアレ・ジャスミン
こちらのサイトで買えます。

中でもお勧めはティアレ
tiaresoap
タヒチの空港に降りると
ほんのり花の香りがします。
それがティアレの花。
タヒチを思い出すには
これしかありません!
こちらのサイトからどうぞ。
ティアレ石鹸

これ以外にもタヒチのおみやげ、
いろいろありますよ!

タヒチにこれから行く人へ
タヒチから帰ってきた人へ
日本でお土産をお取り寄せできます。
tahitichoco
ココナッツが入ったチョコ。
ゴーギャンの絵もおしゃれ。
ケースがスチールなので
食べた後も再利用できます。
こちらのサイトで買えます。

tahititea
これはフレーバーティー
パッションフルーツ、ココナッツ、
マンゴー、バニラ
4種類の香りです。
6包ずつ入っています。
上のチョコを食べながら
ノアノア(花の香り)で
タヒチ気分はいかが?
こちらで買えます。
tahitihinanocan
ヒナノビールの缶ビールです。
ビンは重いし割れる・・・
と思う人はこちらをどうぞ。
330mlの12缶セットです。
こちらからどうぞ。

モルディブのビーチ
モルディブはインドの南。
日本からは、
成田からスリランカ航空、
大阪、名古屋などからは
シンガポール航空(乗換え)などが
就航しています。
約1,200の島があり、
そのうち約100の島が
リゾート化されていて、
約200の島に現地の人たちが
住んでいます。
100以上もリゾートがあるので、
どのリゾートに行けばいいのか
とても迷います。

そこで、私が好きなリゾートと、
リゾートでの過ごし方を紹介します。
まずは「ギリ・ランカンフシ」
以前の名前は「ソネバギリ」
ソネバギリ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 7分42秒 音楽つき

ギリ・ランカンフシがすばらしいのは
ラグジュアリーに過ごすことと
自然を大切にするということを
両立させている点です。
ヴィラは木の素材をうまく使っていて
とても自然な感じがします。
スタッフのサービスもすばらしいし、
食事もとてもおいしいです。
スパもレベルが高いです。
ギリ・ランカンフシに滞在したら、
ダイビングはほどほどにして
海を見ながらゆったりと過ごす
リゾートスタイルが一番と思います。
フヴァフェンフシ
動画を再生・PC用 
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分30秒 音楽つき

フヴァフェンフシは、少し都会的な
テイストを取り入れています。
例えば、上の写真のプールですが、
底にイルミネーションがあります。
また、スパが水中に造ってあって
水族館のようで面白いです。
水上コテージのバスタブに入って
眺めるラグーンはうっとりです。
少しおしゃれに過ごすリゾートです。
ココアアイランド
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分34秒 音楽つき

ココアアイランドの特徴は
何といっても美しい砂州!
砂州を先端に向かって歩くと、
両側から聞こえてくる波の音は
初めての体験でした。
「自然って本当にすごいなぁ・・・」
そう感じました。
遠浅なラグーンは
水深がとても浅いので、
風のない穏やかな日に見ると
ガラス板のようです。
一方で、ココアのよさは
ドロップオフにも近いことです。
普通、モルディブのリゾートは、
ラグーンかドロップオフか
どちらか一方しかないので、
ここでは両方楽しみましょう!
オルベリ
動画を再生・PC用 
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分33秒 音楽つき

オルベリも
砂州とラグーンがきれいです。
砂州の先にあるサンドバンクは、
はるかかなたまで続いているので
ゆっくりと歩いて行けます。
私が行った時は、干潮の時に
潮があまり引かなかったので
渡れませんでした・・・
水上コテージの屋外にある
ジャグジーに夜入って、
満点の星空を見上げると
一晩中入っていたくなります。
リーティラ
動画を再生・PC用 
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分32秒 音楽つき

リーティラは豪華なリゾートです。
有名なのは、
水上コテージの水上ハンモック。
このハンモックの上で
美しい海を眺めながら昼寝すると
最高です!
リーティラは、
ビーチリゾートで極楽気分になるには
何が必要かということを考え、
その全てを実現しています!
ヴィラとヴィラの間も
隣が気にならないように離れていて、
リゾート自体がゆったりと
作られています。
しかし、これ以後、
モルディブにオープンするリゾートは
どんどん高級化してしまったので、
私は、その後
モルディブから遠ざかってしまいました。

さらに詳しい情報や動画を
ご覧になりたい人はこちらへどうぞ。
モルディブの動画


おうちでモルディブ気分しませんか?

トロピカルフィッシュの写真の
チョコレートです。
モルディブの海を思い出しながら
下の紅茶といっしょに
ティータイムはいかがですか?
こちらのサイトから買えます。
maldivestea
モルディブは
スリランカに近いので
紅茶がおいしいです。
おうちで紅茶を飲んで
モルディブ気分はどうですか?
こちらから買えます。


これ以外にもモルディブのおみやげ、いろいろあります!

モルディブにこれから行く人へ
モルディブから帰ってきた人へ
日本でおみやげを
お取り寄せできます。
maldivessweets
本の形をしたチョコレートです。
中を開けると・・・
maldivessweets2
ほら、こんなにおしゃれ!
こちらから買えます。
maldivessoap
スパで使われている
ハンドメイドソープ。
お肌に優しい純粋な植物油がベース
サンダルウッド、パイナップル、
マンゴスチンの3種類です。
こちらから買えます。
maldivessoap2
サンダルウッド石鹸と
ハイビスカスの柄の
プチタオルセット。
お風呂で使えば
波の音が聞こえてきそう。
こちらから買えます。

バリはインドネシアの中の島で、
ジャワ島の東にあります。
レゴンダンスやケチャなどの
民族舞踊が有名です。
日本からは
ガルーダインドネシア航空や
日本航空などが、
成田や関空などから就航しています。
カルマスパ
リゾートの名前は「カルマカンダラ」

崖の上のジャグジープールから
インド洋を見渡して深呼吸すると、
心の底からリラックスできます。

動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分35秒 音楽つき

レストランからも、もちろん「絶景」
カルマレストラン
ここで食事をしていると、
何でもおいしく感じます。

動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分18秒 音楽つき

この日食べたのは、
メニュー1
「Jimbaran Bay Prawn Trio」
という料理。
ジンバランでとれた
海老のグリルと天ぷらです。
海老がプリプリ。
メニュー2
「Tarragon Panna Cotta」
このレストランの代表的なデザート。
パッションフルーツのソースが絶妙!
カクテル
絶景との組み合わせ!
絵になるというか何というか・・・
カルマプール
このプールの端で海を見ていると
時間がたつのを忘れてしまいます。

これ以外にもバリには
素敵なリゾートがたくさんあります。
大きく分けると
2つの種類に分けられます。

・海沿いのリゾート
   ・・・ウンガサン地区など
      (カルマカンダラなど)
・山の中のリゾート・・・ウブド地区

では、私が好きなリゾートと、
私のリゾートでの過ごし方を
ご紹介します。
まず、海沿いのリゾートでは
「アヤナリゾート」
アヤナ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分32秒 音楽つき

アヤナリゾートは、
リッツカールトンから
経営を引き継ぎました。
ホテルの中にある
スパ「テルムマラン」は、
世界でも最高レベルのスパです。
上の写真は
「スパ・オン・ザ・ロックス」
といって
インド洋に面した断崖の上にあって、
一度、経験する価値大です。
波の音を間近に聞きながら
受けるスパは最高です。
セントレジス
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分32秒 音楽つき

セントレジスは
世界のトップブランドだけあって
とても豪華なリゾートです。
しかし敷居の高さは全く感じさせず
とてもカジュアルな感じがします。
バリでもブルガリと並ぶ
最高級のホテルと聞いていたので、
せっかくバリへ旅行に来て
リラックスしたいのに
ホテルの雰囲気が堅苦しかったら
どうしようかと思っていましたが、
心配無用でした。
ヴィラはとても落ち着いていて、
私は特に
リビングルームが気に入りました。
インテリアが落ち着いていて、
質感がとてもいいです。
バトラー制をとっています。

次に、山の中のリゾートです。
デンパサールから
車で1時間くらいのところに
ウブド地区があります。
ここにも素敵なリゾートがあります。
コモシャンバラ
コモシャンバラは、
私が今まで精神的に
最も影響を受けたリゾートです。
単純にホテルに宿泊するだけでなく、
滞在中の食事やヨガのレッスン、
スポーツアクテビティーなどを
カウンセラーが
トータルに相談に乗ってくれて
肉体的、精神的に
ベストでヘルシーな
リゾート生活を送ることができます。
こういうのを
「ホリスティックリゾート」
というそうです。
日本に帰ってきてからも、
コモで食べた食事メニューを再現して
ヘルシーに過ごすようになりました。
動画は現在、準備中です。
しばらくお待ちください。
カマンダル
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分19秒 音楽つき

カマンダルは、
家族で初めてバリに行って
泊まったリゾートです。
静かで落ち着いたリゾートですが、
子供連れでも大丈夫です。
リゾートの造りに
バリの伝統建築を取り入れているので
日本人には、ほっとする雰囲気です。
リゾート内を歩いていると、
日本の田舎に迷い込んだ気がします。

さらに詳しい情報や動画を
ご覧になりたい人はこちらへどうぞ。
バリの動画


おうちでバリ気分しませんか?

バリ料理に欠かせないのがこれ
サンバルソース
balisauce
チャーハンに入れれば
ナシゴレンのできあがり!
こちらのサイトから買えますよ
baliharu
一口サイズのピリ辛春巻です。
おつまみにも最適。
ビンタンを飲みながら
バリ気分はいかがですか?
こちらからどうぞ
balilip
バリの香りの
リップスティックです。
素材を全て無農薬の菜園で
自家栽培しました。
甘い香りのココア、
さわやかなペパーミント、
シナモンと柑橘系の香りの
ウェルキスの3種類を
セットにしました。
こちらからどうぞ


これ以外にもバリのおみやげ、いろいろあります!

バリにこれから行く人へ
バリから帰ってきた人へ
日本でおみやげを
お取り寄せできます。
balibaron
バロンダンスのお面を
かたどったマグネットです。
バロンは魔よけの神様。
我が家では玄関のドアに
つけています。
こちらからどうぞ
balisoap
バー型石鹸3種セット。
カナンガ、ペパーミント、ライム
花やハーブを手摘みしたものを
天日干しで乾燥させ
練りこみました。
香りが自慢です。
こちらからどうぞ

アンコールワットはカンボジアにある
アンコール遺跡の一つです。
サンスクリット語で
アンコールは王都、
クメール語でワットは寺院
という意味。
12世紀にアンコール王朝の
スールヤヴァルマン2世が
建立しました。
アンコールワットの近くの都市、
シェムリアップへは、
ベトナム航空やタイ航空で、
ハノイやバンコク経由で行けます。
昔、アンコールワットを発見した
フランス人探検家の話を読んでから
ずっと行きたいと思っていました。
アンコールワット1
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 4分36秒 音楽つき


滅多に見られない
アンコールワットから朝日が
昇ってくる映像です。
アンコールワットは
西向きに建っているので、
背後から朝日が昇ってくるのです。
朝日を拝むツアーがあって、
朝5時ごろホテルを出発して
日の出を待ちます。
私が行った日は、
乾季でちょうどよく晴れていたので
見ることができました。
乾季で晴れていても、
雲が多いと見ることができません。
アンコールワットの絵ハガキで
よく目にするのが、
ここからのショットです。

動画の説明
アンコールワット2
アンコールワットの中に入ると
壁画が一面に描かれています。
「マハーバーラタ」や
「ラーマヤナ」です。
手で触ることはできません。
天井に描かれているのは
復元したものです。
第一回廊から順にみていると、
相当な時間がかかります。

アンコールワット3
これは第三回廊への階段。
どうしてこんなに急なのか
ガイドさんに聞いたところ、
「神様が昇るためのもので、
人間が登ることを想定していない」
ということでした。
なるほど・・・
今は観光用の階段ができていて
楽に登れるようです。

アンコールワットと並んで
有名なのがアンコールトムです。
アンコールトム
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分32秒 音楽つき

アンコールトムの中央にある
バイヨンです。
これが有名な観世音菩薩の
四面塔が3つ並んだところです。
手前の少し高いところから写すと、
この写真が撮れます。
アンコールトムは
アンコールワットよりも敷地が広く、
仏教的な宇宙観を感じます。

動画の説明
アンコールトム2
郊外にあるバンテアイ・スレイ。
シェムリアップから
車で30分ほどかかりますが、
一見の価値ありです。
右側が東洋のモナリザと呼ばれている
デバダーです。
この遺跡は素材にラテライトを
使っているので赤色を帯びています。

アンコールトム3
タ・プロームも有名な遺跡です。
スポアンという巨木が
遺跡に食い込んでいるのは、
とても迫力があります。
何百年という時間の結果
できたのだと思うと
改めて自然のすごさに圧倒されます。


アンコールワットのホテル
アンコールワットのホテル
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分51秒 音楽つき

アンコールワットの近くには、
たくさんのホテルができていますが
私が好きなのは
「ラ・レジデンス・ダンコール」
他のホテルが
コンクリート造りなのに対して
このホテルは木造の部分が多いので、
冷たい感じがしません。
デザインに
クメール様式を取り入れていて、
シェムリアップ川沿いに、
さりげなく建っています。
部屋はプールと中庭を
囲むように造られています。

動画の説明
アンコールワットのホテル2
部屋の中はとてもセンスよく
まとめられています。
木が主体的に使われていて、
落ち着いた色取りです。
壁のオブジェに
仏像が飾ってあります。

アンコールワットのホテル3
レストランの席は外と中と選べます。
外は気持ちがいいですが、
日中は日差しがきつかったです。
食事はどれも洗練されていて、
とてもおいしいです。
量はかなり多いです。
フランス料理とクメール料理の
2種類からアラカルトで選べます。
私はディナーしか利用しなかったので
写真がなくてスミマセン。

アンコールワットのホテル4
フロントもさりげなく造られていて、
知らないと通り過ぎてしまいます。
後ろにはクメール様式の彫刻が
彫られていて、
とてもいい雰囲気を出しています。
ロビーにオブジェのように
置いてある仏像も
いい雰囲気を出しています。
仏像なんて
日本では興味がなかったのですが、
欲しくなりました。

ダンコールから歩いて
10分くらいのところにある
ホテル・ドゥ・ラ・ペのスパに
行きました。
アンコールワットのスパ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分41秒 音楽つき

名前は「スパ・インドシン」
今シェムリアップで
一番スタイリッシュなスパです。
本当にここはカンボジア?
と思うくらい洗練されたスパです。

動画の説明
アンコールワットのスパ2
ホテル・ドゥ・ラ・ペの正面です。
ホテルの中では、
いろんなデザイナーのオブジェが
展示してあったり
レストランや廊下のデザインが
洗練されていて
かなり前衛的なデザインホテルです。


シェムリアップの街
シェムリアップ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分42秒 音楽つき

シェムリアップの
オールドマーケットや
バーストリートの動画です。
街は年々増える観光客で、
とても活気があります。
ところどころにコロニアル調の建物が
残っていて
フランスの植民地時代の面影が
感じられます。

動画の説明
シェムリアップ2
オールドマーケットの
東側の入口付近です。
このあたりには、
お土産屋さんや雑貨、
宝飾品などの店があります。
私は指輪10個くらいを
50ドルで買いました!

シェムリアップ3
おしゃれなカフェが、
あちこちにあります。
昼間からビールなどを飲む西洋人を
多く見かけます。
私もこういう風に、
定年後にアジアの街角で
昼間から、
だらだらビールを飲むのが夢です!!

シェムリアップ4
アンコール・クッキーのお店です。
シェムリアップから
アンコールワットに行く
途中にあります。
マダムミチコという日本人の店で、
カタカナの看板が
店の前に掲げてあるので
すぐわかります。
ラグーンリゾートの
「お土産サイト」でも買えますよ!
ankorcoocy
とても美味しいです。
カンボジア人の仕事を作るために、
この店を作ったそうです。
すばらしい発想ですね。

シェムリアップ5
シェムリアップから車で
20分ほど走ると
トンレサップ湖に着きます。
湖にはお土産を
売っているところがあって、
ワニやトンレサップ湖の魚を
見ることができます。
近くには水上生活者の家もあります。


アプサラダンス
アプサラダンス
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 2分7秒 音楽なし


カンボジアの伝統舞踊
アプサラダンスです。
ホテルなどで催されていますので
見ることができます。
アプサラダンスのほかに
サルのダンスなどもあります。


おうちでアンコール気分しませんか?

先ほど動画で出てきた
アンコールクッキーです。
ankorcoocy
日本でも
こちらのサイトで買えます。
それから
私が一番お勧めするのが
このココナッツ石鹸。
ankorsoap
この石鹸で洗うだけで
お肌がすべすべになるんです。
シナモン、レモングラス、ジャスミン
バナナ、オーキッド、ユーカリ
6種類のセットです。
日本でも買えます。

インドというと
何を思い浮かべますか?
世界遺産のタージマハール、
ガンジス河での沐浴、カレー・・・
インドにいる知人に誘われたので
行ってみました。
初めてのインド!
経済的に急発展しているので、
日本では経験できない面白いことが、
たくさんあります。
本場のアーユルヴェーダを
体験できるのも魅力。
タージマハール
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分34秒 音楽つき


タージマハールは、
ムガール帝国の
シャー・ジャハーン皇帝が
王妃のために22年の歳月をかけて
1653年に建てました。
宮殿のように見えますが、
実はお墓です。
首都のニューデリーから
電車で2~3時間、
アグラという町にあります。

ニューデリーは、
政治の中心ということで
整然とした街並み。
郊外のグルガオン地区には
ハイテク企業が進出しています。
一方、ニューデリーの北にある
オールドデリーは喧騒の街。
インドの街は、
経済成長と貧困が
混ざり合っています。


タージマハールのホテル
アマールヴィラ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分41秒 音楽つき


知人の勧めでアグラでは
「アマールヴィラ」に泊まりました。
インドでは3大ブランドの一つ
オベロイが経営するホテルです。
「ホテルのどこにいても、
タージマハールを見ることができる」
というのが自慢のようで、
部屋のバスタブに浸かりながら、
夕焼けに染まるタージマハールを
眺めることができました。
これは感動しました!


ニューデリーのホテル
ラリット
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分50秒 音楽つき

 
「ラリット」はデザインが
とても都会的なホテルでした。
アクセスがよく、
どこへ行くにも
とても便利なホテルです。
ホテルの中では
パソコンで仕事をしている
インド人がいるのに
一歩外へ出ると、
通りには物乞いや牛がいて
このギャップは本当に興味深いです。
インドの「今」を実感できます。

このページのトップヘ