アンコールワットはカンボジアにある
アンコール遺跡の一つです。
サンスクリット語で
アンコールは王都、
クメール語でワットは寺院
という意味。
12世紀にアンコール王朝の
スールヤヴァルマン2世が
建立しました。
アンコールワットの近くの都市、
シェムリアップへは、
ベトナム航空やタイ航空で、
ハノイやバンコク経由で行けます。
昔、アンコールワットを発見した
フランス人探検家の話を読んでから
ずっと行きたいと思っていました。
アンコールワット1
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 4分36秒 音楽つき


滅多に見られない
アンコールワットから朝日が
昇ってくる映像です。
アンコールワットは
西向きに建っているので、
背後から朝日が昇ってくるのです。
朝日を拝むツアーがあって、
朝5時ごろホテルを出発して
日の出を待ちます。
私が行った日は、
乾季でちょうどよく晴れていたので
見ることができました。
乾季で晴れていても、
雲が多いと見ることができません。
アンコールワットの絵ハガキで
よく目にするのが、
ここからのショットです。

動画の説明
アンコールワット2
アンコールワットの中に入ると
壁画が一面に描かれています。
「マハーバーラタ」や
「ラーマヤナ」です。
手で触ることはできません。
天井に描かれているのは
復元したものです。
第一回廊から順にみていると、
相当な時間がかかります。

アンコールワット3
これは第三回廊への階段。
どうしてこんなに急なのか
ガイドさんに聞いたところ、
「神様が昇るためのもので、
人間が登ることを想定していない」
ということでした。
なるほど・・・
今は観光用の階段ができていて
楽に登れるようです。

アンコールワットと並んで
有名なのがアンコールトムです。
アンコールトム
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分32秒 音楽つき

アンコールトムの中央にある
バイヨンです。
これが有名な観世音菩薩の
四面塔が3つ並んだところです。
手前の少し高いところから写すと、
この写真が撮れます。
アンコールトムは
アンコールワットよりも敷地が広く、
仏教的な宇宙観を感じます。

動画の説明
アンコールトム2
郊外にあるバンテアイ・スレイ。
シェムリアップから
車で30分ほどかかりますが、
一見の価値ありです。
右側が東洋のモナリザと呼ばれている
デバダーです。
この遺跡は素材にラテライトを
使っているので赤色を帯びています。

アンコールトム3
タ・プロームも有名な遺跡です。
スポアンという巨木が
遺跡に食い込んでいるのは、
とても迫力があります。
何百年という時間の結果
できたのだと思うと
改めて自然のすごさに圧倒されます。


アンコールワットのホテル
アンコールワットのホテル
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分51秒 音楽つき

アンコールワットの近くには、
たくさんのホテルができていますが
私が好きなのは
「ラ・レジデンス・ダンコール」
他のホテルが
コンクリート造りなのに対して
このホテルは木造の部分が多いので、
冷たい感じがしません。
デザインに
クメール様式を取り入れていて、
シェムリアップ川沿いに、
さりげなく建っています。
部屋はプールと中庭を
囲むように造られています。

動画の説明
アンコールワットのホテル2
部屋の中はとてもセンスよく
まとめられています。
木が主体的に使われていて、
落ち着いた色取りです。
壁のオブジェに
仏像が飾ってあります。

アンコールワットのホテル3
レストランの席は外と中と選べます。
外は気持ちがいいですが、
日中は日差しがきつかったです。
食事はどれも洗練されていて、
とてもおいしいです。
量はかなり多いです。
フランス料理とクメール料理の
2種類からアラカルトで選べます。
私はディナーしか利用しなかったので
写真がなくてスミマセン。

アンコールワットのホテル4
フロントもさりげなく造られていて、
知らないと通り過ぎてしまいます。
後ろにはクメール様式の彫刻が
彫られていて、
とてもいい雰囲気を出しています。
ロビーにオブジェのように
置いてある仏像も
いい雰囲気を出しています。
仏像なんて
日本では興味がなかったのですが、
欲しくなりました。

ダンコールから歩いて
10分くらいのところにある
ホテル・ドゥ・ラ・ペのスパに
行きました。
アンコールワットのスパ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分41秒 音楽つき

名前は「スパ・インドシン」
今シェムリアップで
一番スタイリッシュなスパです。
本当にここはカンボジア?
と思うくらい洗練されたスパです。

動画の説明
アンコールワットのスパ2
ホテル・ドゥ・ラ・ペの正面です。
ホテルの中では、
いろんなデザイナーのオブジェが
展示してあったり
レストランや廊下のデザインが
洗練されていて
かなり前衛的なデザインホテルです。


シェムリアップの街
シェムリアップ
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 3分42秒 音楽つき

シェムリアップの
オールドマーケットや
バーストリートの動画です。
街は年々増える観光客で、
とても活気があります。
ところどころにコロニアル調の建物が
残っていて
フランスの植民地時代の面影が
感じられます。

動画の説明
シェムリアップ2
オールドマーケットの
東側の入口付近です。
このあたりには、
お土産屋さんや雑貨、
宝飾品などの店があります。
私は指輪10個くらいを
50ドルで買いました!

シェムリアップ3
おしゃれなカフェが、
あちこちにあります。
昼間からビールなどを飲む西洋人を
多く見かけます。
私もこういう風に、
定年後にアジアの街角で
昼間から、
だらだらビールを飲むのが夢です!!

シェムリアップ4
アンコール・クッキーのお店です。
シェムリアップから
アンコールワットに行く
途中にあります。
マダムミチコという日本人の店で、
カタカナの看板が
店の前に掲げてあるので
すぐわかります。
ラグーンリゾートの
「お土産サイト」でも買えますよ!
ankorcoocy
とても美味しいです。
カンボジア人の仕事を作るために、
この店を作ったそうです。
すばらしい発想ですね。

シェムリアップ5
シェムリアップから車で
20分ほど走ると
トンレサップ湖に着きます。
湖にはお土産を
売っているところがあって、
ワニやトンレサップ湖の魚を
見ることができます。
近くには水上生活者の家もあります。


アプサラダンス
アプサラダンス
動画を再生・PC用
動画を再生・スマホ用
(VTR 2分7秒 音楽なし


カンボジアの伝統舞踊
アプサラダンスです。
ホテルなどで催されていますので
見ることができます。
アプサラダンスのほかに
サルのダンスなどもあります。


おうちでアンコール気分しませんか?

先ほど動画で出てきた
アンコールクッキーです。
ankorcoocy
日本でも
こちらのサイトで買えます。
それから
私が一番お勧めするのが
このココナッツ石鹸。
ankorsoap
この石鹸で洗うだけで
お肌がすべすべになるんです。
シナモン、レモングラス、ジャスミン
バナナ、オーキッド、ユーカリ
6種類のセットです。
日本でも買えます。